言わば両国には性質の良し悪しがありみたい

コパ・アメリカ決勝でのアルゼンチン敗退の最大の原因はメッシの伸ばした似あわない髭っていまだに大ゲームで外しめくるイグアインの審判情熱の無さになくなると思いました。
メッシの髭は見るからに不格好で相棒の意欲を失わせるには様々だったように思えましたし、GKと対面になりながら決めきれないイグアインを見ていると、また今も辛い結果になりそうだとアルゼンチンの信者は皆さんそれほど思ったのではないでしょうか?
それにしても前回もおんなじ競争だった決勝でチリが勝ったのをみると両組織には相性の良し悪しがあるとしか思えません。
国境線を挟んで隣席同士のナショナリズムなのでライバル意識は激しいは思いますが、チリとアルゼンチンのメンバーを比較するとどう見てもチリに食い分があるようには思えないのですがチリが互角以上の抗戦をするのを見てたえず不思議な気がしていました。
ですからサッカーはやってみないとわからないものだとしていたのですが、そのコパアメリカの決勝の数日後にはユーロ2016の決勝トーナメントでイングランドがアイスランドに負けるという大波乱というかか弱い報道が飛び込んでいらっしゃるし、予めサッカーはどこが勝ってもてもおかしくない実行なんだと再び思いました。
そうなるとチリがアルゼンチンに勝とうが何の不可解もないような気がするのでした。http://www.springfield33.com/